赤道儀の練習

九州北部、お昼間はおどろくほどの青空が広がりましたが夜になると薄雲がやってきました。
 
何となく心眼で北極星が見えるようなきがしたので、買ってまもない赤道儀の使い方を練習するために用意をしました。

自宅での特訓なのに、夕食が遠征メニューという可哀想でもあり楽しそうでもある、カップ麺&おにぎり。
 
今日の練習内容
 
1 三脚を出して、赤道儀をのせウエイトを付ける。
 
2 三脚の水平を確認しながら、ゴニョゴニョして極軸を合わせる
 
3 鏡筒バンド&鏡筒をセットし、もう1度極軸の確認
 
4 ケーブルやモーターコントローラーにハンドコントローラーをそーっとセットしまた極望を覗く。
 
5 ハンドコントローラーをセットして、エンターで何故だか鏡筒は木星に向かいます
 
6 雲で星が見えないので、かろうじてみえていたアークトゥルスで1スターアライメント
 
 
ぶっちゃけ反省と確認をすべきことが、もりだくさんでした・・
 
まずは極軸、そこそこまでは来るんだけれど、あと少しのところで調整するネジがもう回らなくてコレは前後のネジを間違えてるのかな・・と入れ替えを試みたりしどろもどろしました。(まだ解決していないです)
 
そしてファインダー、明るいうちに調整してねとの事だったのに明るいうちはビール飲みながら洗車していたので忘れていました。
 
けっこう合っていない感じだったので、今までのSE120と経緯台のときのように合わせたかったんだけど、操作しだして動かしたあと好き勝手な方向をむけて良いのか謎だったので放置。
 
結果報告
 
ハンドコントローラーの操作がメインと思っていたので、カメラもアイピースもつけずに、ファインダーも調整していなく1スターアライメントに選んだアークトゥルスの方へはキュイーンしたけれど
おしいけど、ちょっと違うんじゃない?!
という感じでした。
 
 
 
次回はファインダーを調整して、極望の謎を解決し
アイピースをつけての練習ですね。
 
ちょっと準備不足でした、しかもお天気は曇りが続くようですので運用までの道のりはまだまだ遠いようです。
 
ちゃんと撮影できるのは、もしかして梅雨明けくらいなのかもしれません・・・
 
もっとストイックに練習せねばいけませんね

練習風景です。
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
まーちゃるです。

僕は今土星の練習中です。
関東は今日はすごく晴れているのですが、いかんせん今日の土星はお月さまに近すぎてあまり練習になってないです。

ファインダーはある程度会わせておいて、実際に夜星を視野中心に持ってきたときについでにファインダーを合わせることが多いですね!

僕は結構頻繁に調整しています。
ファインダーをピッタリ合わせておくと色々楽チンですよね!

No title

おはようございマス。
コントローラーは使いもせずお蔵入りにしたこたろうですから、これについてはお答えできませんが・・・
私はお日様があるうちに現地入りするので、高い山の頂で主鏡ガイド鏡ファインダーの3本を合わせます。
導入はPCですので、EOSutilityとPHD2を立ち上げておき、CCDやライブビューでアライメントします。
パソコンから赤道儀の微動が出来ますからね。
真ん中に対象もってきたら、PC上で同期です。
バックヤードEOSをお使いならこの方法も簡単ですよ。
ただし明るい星のアライメント時ですけど・・・
そのあと、カメラのピントもそのまま合わすことが出来ますからね(・∀・)b
真ん中に星があるのですから・・・

No title

赤道儀の練習、お疲れ様です(^^)
極軸セッティング、前後のネジは、片方緩めれば、反対側が締まりますので、上下移動を意識しながら調整ですよね。左右は、不精して三脚方向がずれていると、ネジが回りきってしまって調整ができなくなることあります(^^)
個人的な感想としては、最初は極軸はざっくりで良くて、HOME位置から木星や土星、その他一等星やM13やM3などの明るいメシエ天体などを次々導入してみる流れを動かしてみた方がいいと思いますよ。きっと調整済みのファインダーに入れば、FS60にもすぐ入れられますと思います(^^)

No title

赤道儀を使った極軸合わせと導入の練習、お疲れ様でした!
高度調整ノブで北極星が導入円にぎりぎり入りませんでいたか^^;
私の場合、あらかじめスマホアプリでマウントの角度を観測地の北極星の高度におおよそ合わせてから実際に極望のスケールに導入してます。
EQ5の角度計はあまり実用的でないので(笑)

No title

当方の手抜きセッティング方法は極軸を大体合わせたら、観測位置の東経北緯、現在時刻をある程度合わせておきます^^;
そして、最初の天体を導入してズレていたら、コントローラーを使わずに、クランプ緩めて手動で合わせて、導入OK!としてあげます。
極軸が大体合っていれば、その後も大体上手くいくと思いますよ(^^)

No title

こんにちは
やってますね~w。
極軸は可動範囲が決まっているのでネジを真ん中あたりにしておいて、北極星を覗いて大体のところに三脚を動かしてはじめに調整しておけば良いと思いますよ。
あとは遠征までに三脚の受け板を広い奴にしておいた方が良いと思いますよ。
今使っているのじゃ小さ過ぎると思います。

No title

なお遠征地に付くとナゼか暗くなっているので(^^;、ファインダーも明るい星を使って、最初のアライメント時に合わせます。

20mm以上の長焦点のアイピースなら、目測でアライメント星を鏡筒の延長線上に合わせた程度でも、ほぼ視野には入ってきますし、カメラをセットしている場合でも、カメラのファインダー目視なら、長焦点アイピースと同程度の視野はある上に、少々ピントが合っていなくても星は見えます。(^^

目視でカメラのピントを大雑把に合わせた後、ライブビューで画面中央にアライメント星を導入して、その後でファインダーを合わせます。
またライブビューを使用してのピント出しもこの時に同時に出来ます。(^^

No title

お疲れ様です。m(--)m

私はまずウエイトも鏡筒も載せない状態で、三脚自体を動かして、北極星が極望の視野内に収まるようにセットします。(赤道儀の上下微動は操作します。)
三脚の水平出しは、明らかに傾いていなければほとんど気にしません。(^^;

続いてウエイト→鏡筒の順に載せます。
その後で赤道儀の微動操作で極軸を合わせると、東西の微動ネジを動かす範囲は少しで良いので、一杯まで回してしまうことはないです。

No title

> まーちゃるさん

こんばんは~、土星を練習しているなんてカッコいいですね。最近とくにそう思います。
動画で撮影してスタックするのでしょうか?!
私は木星の手持ちコリメートしかやったことないんで、聞くだけでハードル高いです(笑)

ファインダーちゃんと合わせて試してみました。アライメントが終わったあと覗いてみたら、ちゃんと目的であろう星がいて関心しました!

No title

> こたろうさん

こんばんは~、ハンドコントローラーを使わずにお蔵いりですか(笑)
みなさん、1度は使ってみるものなんだと思っていました。

明るいうちに現地入りして、先にファインダーを合わせてついでにピントを合わせておくんですね~。
私も仕事がえりじゃなければ、けっこう早い時間に到着しているんですが・・
詰めが甘いので、ざっくりと設置したら余裕かましてまったりしちゃうんです。
そして後で慌てます(笑)

準備は万端にすませて、くつろがないといけませんね。ひどい時は先にお湯を沸かしてラーメンを食べたりしていますもん。

そのうちね、パソコンでもろもろを出来るようになりたいですね。いまはピント合わせと諸々の確認だけで使っていますからね・・

No title

> リュウさん

こんばんは~、やっと稼働できるようになったけど夜は雲ばかりで自動導入で見れるところまでいってないんですよ(笑)
今月の新月期のお休みにはぜひ初めての直焦点撮影に挑戦したいのもあって、比較的に雲が少ない北極星のほうばかり見ています(笑)

ですが・・ネジ問題じつは解決していないんです。リュウさん、ちょっと来て下さいっていう気分です。

明るいメシエ天体はやく見て見たいです!!

No title

> M45プレアデスさん

こんばんは~、あれ?極望の仕様が違うんですかね・・導入円はないようなきがします。
ポラリエの極望みたいに西暦のメモリがあるだけです。

そしてM45プレアデスさんのように、最初に高度をざっくりと合わせて調整しているんですがあとっちょとネジを回したいのに回らない。
本体がちゃんと水平になっていないのかな・・?
水平器を1個追加して試してみたいと思います。
はやく良い報告ができるように、頑張りますね

No title

> せぱたんさん
え~っ?!
EQ5の極軸の仕様が変わって以前より使いやすくなっているのですね!
ちょつと羨ましいです(笑)

No title

> Tamiさん

こんばんは~、初心者は英語のハンドコントローラーの使い方で悩むんじゃなくてネジで悩むんですよ(笑)

あとっちょとだけ、回したいのに回らぬ問題です・・
もう1度じっくり見てみますね。

三脚の開き止めのお皿は大きいものを使っても、取り付けのネジに届くのでしょうかね?
(またネジですねw)

No title

> kameさん

こんばんは~、三脚自体を動かして極望の視野内に北極星がきましたが・・
東西の微動は動かさなくて良いように設置して、上下だけを動かしていたんですがこのネジが前後逆じゃないの・・?と思ってしまうんですが、初めから取り付けてあったし、逆付けを試みるも付かないんですよね(笑)

購入店で分からなかったら何でも連絡して下さいって言われていたのを思いだしました。
もうちょっと格闘してダメだったら、連絡してみようかな・・

遠征地につくとナゼか暗くなってるって、なんですか。面白いです(笑)

ファインダーは合わせたら、アライメントでほぼいい感じに視野内にきてました。
ってことは極軸もだいたいは良い感じなのかな・・でもちゃんと2015年くらいのところで合わせたいですね。

No title

> M45プレアデスさん

極望、ほかの方の記事をみて(誰だかは覚えていないんですが)ちょっとアレ?って思ったんですが私の勘違いかな?とも思ったんですよね。
M45プレアデスさんのとは違うみたいですね。
南半球で使うときの、はちぶんぎ座のパターンと北半球での西暦のメモリと、極望のピント合わせに使うっぽいメモリ付きの円があります。

でも日付とかを合わせるリング部分の、作りがショボイのは一緒なんじゃないかと思います(笑)

No title

おはようございます
三脚の脚の下に敷いてる沈み込み防止の板の話しですよw。
今度のは重量があるので今使っている小さな板では心許ないと思いますよ。
小石原は下が土なので必須アイテムだと思います。

No title

ああ、遂に始動ですね。
小生は自動導入もポーラアライメントも未知の世界なので、もう何が何だか全く分かりません。
遠征先にパソコンを持ち込むことだって嫌だったのに・・・・・
乾電池だけで運用していた時代が懐かしいですヨ。
でも、自動導入があれば、便利なばかりか、昼間の天体の導入だってできちゃいますからネ。
便利なツールは積極的に有効利用するに限ります。

No title

> Tamiさん

こんばんは、ちょっと見落としていて遅くなりました。
>三脚の脚の下に敷いてる沈み込み防止の板の話しですよ
そっちですねw勘違いして申し訳ないです。
近いうちに可愛いのがあるか、物色しておきます。

No title

> ウラカンさん

こんばんは、見落としていてお返事が遅くなりました。
ウラカンさんって自動導入じゃないんですか?!かなり驚いています。
あんな遠くて小さい天体を、手動で??
まるで匠の技じゃないですか!

パソコンは初心者なのに、デジイチを購入してそこそこ最初のほうから使っていました。
ライブビューを見ながらピントを合わせるのが面倒なので(笑)
でもパソコンを持ち出すのがイヤで、電池で運用ってとてもウラカンさんらしいです。
プロフィール

せぱたん

Author:せぱたん
九州の田舎からB'zファンの
直焦女子がマイペースで発信するブログです。

訪問者さま
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
みんな大好き
Dragon radar
おススメ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる