写真展に行ってみた

みなさま、こんにちは。九州北部では星空撮影どころではないようなお天気が続いています。
 
自分の住んでいる地域の天気が悪いから、何となく全国的に良い天気ではないような錯覚におちいりブログが休業状態でした。
 
でも日々こういう写真を撮影してみたいって画像から、自分とは縁がないであろう煌びやかな天体写真までいろいろとネット上を彷徨い見てすごしていました。
 
今日は、ちょっと投票にいかなければいけなかったので「面倒だなぁ~」と思いつつダラダラと、タブレットを操作しながらお化粧をしていたら・・・
 
そんなに遠くない所で「天体写真展」があっているのを知り、行ってきました。
 
日頃パソコンの画面やタブレットに紙面でしか見たことのなかった天体写真、プリントで見るとどんな風に見えるんだろうね・・・
 

ここです(笑)
 

「Starry Terrace」という会の写真展です。

南天の天の川や、ここ最近の私のホームである東峰村で撮影された写真、何か忘れたけれど赤くて淡い筋状のモヤモヤした天体の写真を食い入るように見てきました。
 
あと月齢の違う二つの写真を見比べながら、小さな小さなクレーターにちゃんと名前が明記してあったので「へぇ~!!」と関心しながら眺めてきました。
 
すると・・・1枚の写真に目がとまりました。
 

この方がこれを撮影された日に感じた、星々を愛おしいと思う気持ち。琴線に触れたと同時に、自分でも初めてそれを感じた夜明けを思い出して目頭と鼻の奥が熱くなり、しばらくこの写真のまえに立ち尽くしていました。
 
 
 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは(・∀・)
愛おしいと思う気持ち

これが写真を撮る本当の理由でしょうね。
仕事で写真を撮るときはそうは思えませんでしたが・・・ 写真は趣味がいいです。(*´ω`*)

No title

こちらも梅雨みたいな天気が続いてて、せっかく新機材も導入したのに、なかなか稼働率が上がりません。。。

天体写真展て面白そうですね。
まだ行けてない天文台と同じく、一度は行ってみたいイベントです。(^^;

No title

写真展とは良い経験をされましたね。
こちら新潟は周期的に天気が変わりますが、仕事と月齢などが噛み合あわず、撮影できていません。

徹夜で星空撮影して、夜が明けていく様子を名残惜しく感じることは良くあります。
その後に見る朝日は、眠いんだけど、とても清清しい気持ちになります。
帰り道、好きなアーティストのアルバムを聞きながらのドライブで飲む缶コーヒーが最高に美味しい!

No title

こんばんは!
まーちゃるです。

僕はあまり写真展は行ったことないのですが、ブログの写真を見て

「なんだか良さそうじゃないか!?」

などと思いまして。
今度マイサンでも誘って行ってみようかな?と思いました。

いつも画面でしか見ない天体写真ですが、きっとプリントアウトしたものってまた違うんだろうなぁ。。。

No title

こんにちは

こちらもお天気が悪いです。寒いしね~。
こういう天体写真展には行ったことがないのですが、以前某プラネタリウムでパネルを展示していたり、某大学の天研の写真展を見たことがあります。
あまりにも素晴らしい作品は、私にとって目の毒でしたhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s98.gif">
やはり、基本は暗い空なんですね。

夜明けはいつだって、日が差すまでは、寂しい気持ちのほうが大きいですねぇ。

No title

> こたろうさん

こんにちは~。こういう愛おしいと思う気持ちや、それに似たような感情を心に留めておきたいと思うのと、証拠写真にもとどめておきたいですよね。

お仕事で撮影されていたんですね、わたしは最近になってやっとカメラで何かを撮影するのは楽しいんだってしりましたから羨ましくおもいますが・・
やっぱり仕事は別なんですね。

No title

> kameさん

こんにちは~、本当に梅雨みたいな天気が続いていますね。たまに晴れると気分は梅雨の晴れ間です(笑)
新機材なんだろ~って思ったら、先ほどマイページからタイトルをみてしまいました。
あとで見ますね、凄く楽しみです!!

TOMITAさんのフェイスブックを見て知ったんですが、見て30秒くらいで「行こ!」と思いました。行ってみたいな~って思うところは、躊躇しないで1人でフラフラと出かけてしまいます(笑)
機会があればそのうち行ってみて下さいね。

No title

> eclさん

こんにちは~、良い経験をそてきました。
私のようなカメラ超初心者がみても、損をすることは何一つないですからね。
純粋に素敵なだって思えたり、どこで撮影されているのかも見れますしね。

>その後に見る朝日は、眠いんだけど、とても清清しい気持ちになります。
帰り道、好きなアーティストのアルバムを聞きながらのドライブで飲む缶コーヒーが最高に美味しい!
↑全てに完全同意します(笑)これを知ってからなるべく新月期はプチ遠征をするようになったし、星空を撮影しにいくのがもっと楽しくなりました。
きっと誰もが感じることなんでしょうね。

No title

> まーちゃるさん

こんにちは~、私も初めて行ったんですが
こういうスペースでの写真展は気負わずにラフな感じでサラッといけますのでオススメです。

いつもは画面越しでしか見ない素晴らしい天体写真をプリントアウトされた作品として見た感想は・・・
直焦点は迫力があり、星景は趣がありそんな感じでした。初心者丸出しの答えですみません(笑)

ところでマイサンって誰でしょうか?!
まーちゃるさんのブログの読込みが全然たりてないですね私。

No title

> H-Yokoさん

こんにちは~、そちらは今日もっとお天気が悪いのでしょうね・・・

>以前某プラネタリウムでパネルを展示していたり、某大学の天研の写真展を見たことがあります。
↑調べてないので勝手なイメージですが、H-Yokoさんのお住まいの地域はこういうのに恵まれている感じがします。

目の毒でした?(笑)少し足を伸ばせば有名な撮影スポットがたくさんありそうなので、たまには遠征されないのかな・・?と思う反面、あのお車でちょっと険しい山道を行くのは私だったらイヤだなぁ~なんて思ってしまいます。

でも明るい空からでも、いつもマニアックな天体を楽しませてもらっています。

No title

南十字星が海岸線のちょっと上に見える、北緯24.287913 東経153.980507 に、若い頃仕事で2度(合計7か月)行きました。

最初の印象は、なんて遠い所に来てしまったのだなーぁと言う気持ちと、生まれたばかり(2か月)の長女との別れが辛くて(爆)。
仕事で来た、男しかいない島だったので、気は紛れましたけどね。(笑)
当時、天体観測の趣味があれば、写真撮っていたと思うのですが。

No title

天体写真は科学写真であると同時に、芸術性の面も有していますよね。
そのせいか、クールに撮ったつもりでも、撮影者の想いや性格がよく現れます。
好きなものは理由なく好きですものね。中々隠せるものじゃありません。
共感してもらうことが写真を撮る目的ではないでしょうが、何かを感じてもらうと嬉しいものです。
その辺のキャッチボールが成立しているところが素晴らしいと思います。
何事も、想像力を豊かにして見ることはとても大切ですネ。

No title

> オヤジさん

こんばんは~。
南十字を見たことがあるんですね!!わたしはカノープスすら見たことがないです。
北緯と東経から場所を調べるのが苦手なんですが、とり系の島ですか?
モンサンミシェルや軍艦島など、ノスタルジックな島に胸がキュンとするタイプなので三角の形の島にもキュンしました(笑)

きっと夜は真っ暗ですごい星空だったんじゃないでしょうか?!
産まれたばかりのお子様と離れて辛かったぶん、それをパワーにして日々過ごされたんでしょうね・・

島からの星空見たかったです。

No title

> ウラカンさん

こんばんは~。

初めてこのような写真展をみてきて、特に景色の入った写真がその撮影者の想いと性格が表れやすいのかな・・?と感じたと同時に、だからこそちゃんと星景写真を撮ろうとすればするほど難しいのかな~とも思いました。

>好きなものは理由なく好きですものね。
↑ウラカンさんのブログを見ていると、それを特に感じます。とても個性的ですしね。

まだまだ駆け出しの練習の身、そのうちそういう素敵な写真がとれるようになりたいです。
プロフィール

せぱたん

Author:せぱたん
九州の田舎からB'zファンの
直焦女子がマイペースで発信するブログです。

訪問者さま
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
みんな大好き
Dragon radar
おススメ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる